どうするK-POP 2012年を紐解く

2012kpop

皆さん、毎日暑くて仕事もやる気でない日々をお過ごしとは思いますが、音楽を楽しんでますか?イベントに行く方は水分補給十分に行って下さいね。

さてさて、去年の今頃なにがあったか覚えてますか?「あん?なのこっちゃ?」って方、思い出してください。PSYの江南スタイルが荒れ狂いだした時期ですよ。日本デビュー曲「六本木スタイル」のMVも出来上がってたという噂の・・・。

日本以外の国では、みんな馬ダンスやってましたね~ そして、その制作チームがT-ara N4の曲を今年流行らせようとして、思ったほど売上伸びず、気がつくとCRAYON POPのほうが韓国内でじわじわとブームきてるという現実。

CRAYON POPの事務所の戦略・本人達の個性重視路線。これがジワジワと結果を残しはじめたのではないでしょうか。N4の田園日記は言わば、江南スタイル2という立ち位置。なぜ世界に広がらなかったのか?

3001:PSY程の見た目キャラがない。

2:一人で踊ることを前提に作られてない。

3:バカっぷりがない。むしろcoolすぎる。

さて、これをクレポのパパパに当てはめてみましょう。

直列5気筒ダンスも一人でも出来そうでしょ?見た目重視のコスチュームは世界共通。とにかく楽しい曲に仕上がってる。ほら、ブームになる理由がそろってるでしょ?こういうのこそ、世界に向けた楽曲ではないでしょうか?wもっとカッコイイ曲が流行ればいいのに!なんて思っている人も多々いらっしゃるでしょうが、あくまで、「流行」重視で考えると、これで正解だと思います。カッコイイ曲・歌詞が素敵な曲などは、流行らなくてもじわじわと浸透していくものです。そういう曲はサビつかなく、数年後聞いてもカッコイイんです。しかし、スピード社会の韓国音楽は、流行こそがメインであり、その為に各事務所がアイドルを連発してドコかのグループが当たれば!と仕込んでいるわけですから。

しかし、それでは業界自体が長く続かないことくらい全員わかってると思います。「良い曲は自然と残るよ」なんて、軽く考えていませんか?それは市場が多く、音楽にお金を払う環境が整っているからこそ言えることなんです。では、下の表をご覧ください。(日本レコード協会:日本のレコード産業2013より 2012年世界音楽売上 TOP20)

200

ドル計算が面倒なので、1$=100円=1,000ウォンで話を進めます。

2012年の世界の音楽の売上が約1兆6500億円。アメリカと日本で世界全体の54%のシェア。日本は4,400億円、韓国は190億円くらい。一人当たりの音楽に対する年間の購入金額は、日本約3,500円 韓国約380円 と、これだけの差があるのが現実です。(人口:日本12,500万人 韓国5,000万人で計算)

そりゃ日本進出したくなるでしょ?年間380円って・・・

そして、この表でもっとも注意するのが、2012年はPSYの「江南スタイル」が世界で流行ったのに全体で2011年より売上が4.3%下がっていることなんです。(2011年韓国の音楽売上は約200億円)2011年といえば、KARAなど日本で売上が上がり韓国音楽業界も伸びた年なのですが、PSYの同曲がHITしたにもかかわらず、売上が下がっている現実。もしPSYが流行らなかったら4.3%マイナスどころではなかったということになります。

そして、もうひとつ表から見えてくるのは日本は「CD文化」がまだ80%シェアがあるという事実。これを支えてるのは、秋元さんなのは皆さんご承知と思います。2012年シングル売上上位5枚が秋元さんの秋葉原チームです。韓国ではOFFラインショップ(CDショップ)がどんどん無くなって、デジタル音源に移行してますが、日本人は物でほしい・歌詞を読みたい・CDのコンセプトを見たいなど、アーティスト(曲)への総合的価値を大切にしてると感じています。

そして、最後にこの表から見える今後の戦略を考えてみました。14位の「インド」が、2011年より21.6%の売上上昇となっています。この時期に20%超える成長してる国があるなんて!人口が多い国で、音楽へ娯楽を求めて成長してる国!これは市場として大変興味深いデータ。

インド!これから娯楽文化が発達していく兆しがあるかもしれません。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iTunes検索

twitter

主の放送コミュ

ページ上部へ戻る