2015年JYP年だった!?

各方面SMエンタさんやYGさん、FNCさんなどをピックアップしている記事は多いと思いますので、今年はJYPをメインに振り返っていこうと思います。

”2015年はJYPで始まりJYPで終わった!?”

社長自ら音楽活動を積極的に行い、所属アーティストを鼓舞する事務所としては最大手と勝手に評価していますが、今年は特にその傾向が突出してた年だったと思えます。

 

80008255_orgまずは、2014年度売上が≒48億円 純利が≒8億円と、すばらしい優良企業と成長したことに伴い、社長の評価はうなぎのぼり!

2015年前半にはオーディション&サバイバル番組から新人アイドルの発掘&成長をテレビで公開しつつ注目度を上げる事に成功。

JYPは「恋愛禁止」という噂を上手く利用し、どさくさに紛れて社長自ら新曲を発表し、missAスジの恋愛騒動を消し去った。

社長が新曲をリリースするやいなや、所属アーティストはノルマをかせられたように、一斉にバックアップ体制をしき支持してまわった。それまで音楽チャート首位を走っていたJYP所属のmissAは、自分たちの首位を奪われるのが所属の社長になるとは、「社長が悪い!」と名言を残し首位を明け渡す結果となった。

ちなみに同事務所で同じように2PM・アヨンちゃんも1.2位という同時チャートインした時期もあったが、これもJYPの戦略といっていいのか?

 

後半になるとGOT7が徐々にポジションをUPさせていき、2年目?グループの中で少しずつ頭角を現してきた。DAY6は来年がんばれ!

 

”何と言っても「TWICE」”

SIXTEENを経てどんな完成形で出てくるのか(正直期待してませんでした)と、思っていたら一発目から作り込んできたな~ってのが第一感想。新人のチープな感じは無く、だからといってフレッシュ感が無いわけではなく、アンバランスかといったらバランスも良く、MAMAでデビュー1ヶ月で新人賞を獲得できるのも納得できるデビュー曲となった。

2015年途中にwonder girls が久々にカムバしたが、話題にのぼったがなぜあのスタイルでカムバしたかいまだに謎。きっと時代がワンガに追いついてないんだろうと勝手に解釈したが、社長に真相を伺いたい。

MAMA2015が開催された香港に、JYPアーティストが多く参加していたが、まるで社内の忘年会状態で、社長が一番目立つ結果となってしまい、新人賞のTWICEの立場がこれで良いのかと疑問に思ったこともあったが、それがJYPグループらしさなのかと解釈してみたが、、、やっぱりTWICEを前に出してあげたほうが良かったのでは・・・。

 

 

来年2016年はJYPが大きな波となってKPOPを牽引することを期待しますが、くれぐれも社長!前に出過ぎないようにお願いしますね!

パク・ジニョン メロンサイト

wonder girls メロンサイト

GOT7 メロンサイト

TWICE メロンサイト

DAY6 メロンサイト

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iTunes検索

twitter

主の放送コミュ

ページ上部へ戻る