BTSの首を絞めるARMY

ARMYさんたちが、とんでもないことをやってしまいました。

曲を作って頂く方に対してのリスペクトがまるでなく、ファンとしてやってはいけないまさかの拒否運動。。。普段、肯定的な記事を目標に掲載しておりましたが、あまりにもバカげた行動をとり、事務所に迷惑をかけ、さらにBTSのブランドにも傷をつけ、さらにはKPOP業界の失墜まで引き起こしてしまったことに気がついていない事態は本当に迷惑です。

事務所とアイドルにこれから付きまとうもの

ユニバーサルミュージックと秋元さんグループ、そのファンを完全に敵に回しました。そして音楽業界にもバンタンは面倒という看板を背負わせてしまいました。BTSと事務所が頑張って取ってきた仕事を、ファンがぶち壊すという残念な結果となりました。

事務所(会社代表)が、秋元さんの世界観に感銘を受け仕事をオファー。仕事を受けていただいたのにファンが拒否してお蔵入り。秋元さんに作詞をして頂くことの価値感とその後の波及効果を考えたらどれだけ損をしたか?事務所は今頃、御詫び巡業でしょう。

ARMYが見落とした現実

作詞・作曲をしてくださる方々のブランド力(影響力)がどこにあるか?

一般の人? いえ、同じ音楽業界の作曲家や作詞家に影響があります。それがどういう風に影響があるか?「〇〇さんがコラボしたアーティスト」という「NHKの紅白に出たアーティスト」とも似たブランド効果もあります。

さて、秋元さんが作詞した曲といえば、美空ひばりさんの名曲「川の流れのように」が一番最初に思い浮かぶ方もいらっしゃると思います。名曲HITメーカーであり、間違いなく日本のトップ作詞家だと思います。BTSの事務所もオファーを受託して頂いた時は、話題+名曲になり得ると安堵したのではないでしょうか。それがこんな結果になるとは。。。アジアのアイドルグループ市場を作り上げた人と言っても過言ではない方へ対して、あまりにも暴挙すぎる反応をしてしまったことは、KPOP業界自体の大きな迷惑となりました。

秋元さんがBTSの為に作った歌詞、BTSの事をイメージし努力して下さった時間はどうするのか?今回の事件を聞いた日本や世界の音楽業界の人たちが、これからBTSに対してのイメージがどうなるのか?KPOPのイメージがどうなるのか?

ファンがアイドルにしてしまった現実

事務所が間違ったのか?
いえ、事務所はBTSがより浸透するように、より多くファンの獲得、そして名曲を世に出したかったはずです

事務所の考え方を否定し自分たちが大好きなアイドルと関係者に迷惑をかけ、自分たちの好きなアイドルの好感度を下げ、名曲になったかもしれない曲を発表させなかった。

これから韓国以外の国での活動に「秋元さんを蹴ったグループ」「ユニバーサルミュージックに迷惑をかけたグループ」として活動をしなければならない本人たちが背負う代償は、ファンが曲も聞かずに作り上げました。

アイドル本人たちは曲を発表出来なかったことをどう感じているのか?今後の日本活動に対する不安、自分たちは日本のHITメーカー秋元さんの曲を発表しなかったグループ。そんな天狗と勘違いされてしまうリスクを背負わせて良かったのか?そして韓国から日本の市場に挑戦しているアイドルやアーティスト、さらにそのファンからどう思われているのか?日本の業界からどう思われ始めたか?

BTS本人たちが今回の事件をどう感じているのか考えたら、曲を楽しみにしていたARMYさんたちは、辛いでしょうがこれが現実です。

Twitterで、「#Bird을들려주세요부탁합니다」 という活動を頑張っているARMYさんもいらっしゃいます。BTS本人たちが「かっこいい曲に仕上がっています」とファンへ期待してね!とコメントしていたにも関わらず、聞くことができない事が、本当に辛いファンの方々の活動でしょう。素敵な活動だと思います。自分たちが好きなアイドルの同じ仲間が、発表されていない曲を批判していること自体おかしな話です。頑張ってください。そして、他グループの活動に今後影響が無いか同時に気にして下さい。(最近できた例の女子グループが若干とばっちりを受けそうな予感)

ファンがアイドルの首を絞める状況を作ったことは、負の産物としかなりません。

最後に一言。

第三者から見れば、ファンはアーティストの映し鏡であり、逆もしかり。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

twitter

主の放送コミュ

ページ上部へ戻る