シウミン入隊ですか

EXOのシウミンが兵役に5/7から向かうと発表があり、「シウもいよいよか」と考え深い想いです。私がなぜシウミンを推しているかわからない方も居ると思いますので、もう一度おさらい。

変なウワサをほぼ聞かない

EXOはSMエンタの中でも、いろいろとゴシップネタを提供してくれる”お騒がせ”グループとしてデビュー当時から騒がれました。日本でのドームツアーもいきなり勝負するという無謀な事務所もどうなのか?と思う時もありました。
そんななか、身長やや低く、決してルックスでファンを獲得するのが優先!というわけでもない「シウミン」。最年長な彼は人一倍努力するタイプで、小柄でもダンスを大きく見せようと努力する姿や、先輩グループから盗めそうな仕草や行動を研究したりと、アイドルとしてチヤホヤされる時期でも、変なゴシップも出さず練習をサボらずにきました。

カシオペアとしての成功者

シウミンは東方神起先輩が大好きで、自分たちの活動曲直前でも東方神起先輩のコンサートの為に日本まで飛んできます。そしてツアーグッズを身にまとい、髪を赤に染め、気合を入れてコンサートに臨みます。その姿は多くのカシオペア・ビギストからも目撃されています。
とあるコンサートの時は、東方神起先輩が投げたファン向けのボールがシウミンの目の前にきました。芸能人であるシウミンはこの時は”カシオペア”として見事にボールをキャッチ。そして大事そうにポケットに入れました。それを見ていた一部ファンからは「芸能人だろ!一般客へ渡せ!」などとやじられたようですが、「シウミンはカシオペアだから」という、”ファン公認のファン”と認識され無事に持って帰れたようです。
私の記憶が有っているかわかりませんが、この件の次のツアーの時は、前回のツアーブルゾンを着て日本へ到着し、当回のツアーブルゾンを着て出国していたと思います。もちろん、東方神起のツアーブルゾンです。

外へ出ないシウミン

EXOが日本ツアーの時、地方などでショッピングしているメンバーの情報がネットによく出ますが、シウミンは何故か情報がほぼありません。昔どこかの記事で読んだことがあるのは、「東方神起先輩はツアー中でも体のメンテナンスを優先し、外に出ず鍛えていると知った」とシウミンが語っていたと思います。それを指標にし、変なトラブルに巻き込まれない予防策として外出を控えているのでしょうか。彼のプロ意識は好感を持てます。

カシオペアとしての成功者2

東方神起先輩がジムに行くと、ついてくるSMエンタの後輩たちが居ます。当然その中にシウミンもいます。チャンミンと一緒に懸命に汗を流し、笑顔の画像を掲載してくれるシウミンは、カシオペア&ビギストにもありがたい存在です。東方神起のOFFショットなんてあまり出回らないので、東方神起に一番近いポジションで撮影できる彼は”カシオペア”としての活動は、ファンのカガミです。

東方神起になりかけたシウミン(ここだけゴシップネタ)

2015年SMタウンでは東方神起ユノが入隊中でしたので、チャンミン一人での東方神起活動となりました。さすがに一人では二人分のパフォーマンスをこなすのは厳しいと判断したのか、SMエンタはユノの代役を立てることになりました。さぁカシオペア「シウミン」も当然、東方神起の曲全て完コピで準備できています!

2015年7月東京、東方神起の名曲「mirotic」が始まると会場の声援と同時に、会場も赤く染まります。
チャンミンの歌いだしと同時に多くのダンサーがバックで演出しています。そしていよいよ相方パートが来ました!チャンミンの横にはSHINeeのテミン君そしてミノ君、、、ビジュアル優先ですよね。。。えぇシウミンバックステージで絶対に完コピで踊ってたと思いますよ。

そんなSMタウン中に事件が起きてしまいます。ミノ君が怪我でSMタウン大阪公演不参加という事態がおきてします。シウミンにとっては、ここはカシオペア代表として代役を引き受けない訳には行きません!
さぁ、今度は大阪で東方神起の名曲「mirotic」が流れ出します。チャンミンが歌いだします。会場が赤く染まります。そして!チャンミンの横には!

SHINeeのテミン君!

そして!

キー君!
またしてもカシオペアとして最上級の役割は回ってきませんでした。この時もきっとステージ袖でシウミンは待機してたと思いますよ。。。

ちなみに東方神起のバラード曲「Bolero」にも代役がありましたが、SMにはシウミンより歌える人居ますので、こちらも残念ながら当選ならず。

シウミンはもっとEXOの中心であってほしい

東方神起との絡みが多いネタとなりましたが、EXOとしての活動も人一倍努力していることは掲載しておかなければなりません。私がEXOのステージをTVで見る限り、シウミンだけダンスのアクションに手を抜いていない時が多々あることを知っています。それはデビュー当時から感じています。一人だけダイナミックな動きだったり、ダンスの繋ぎにも余裕を感じたりと、体幹をかなり鍛えていると感じることがよくあります。

ぜひ戻ってきたらまたキレッキレなステージを期待しています!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

twitter




ページ上部へ戻る