FTは被害最小限度ですんだのか?

FTISLANDというバンドが居まして、、、
まぁボーカルのホンギ君という男は、何かと話題にかかない存在となっています。

簡単にいうとヤンチャな男の子です。しかし男気があり、男からも好かれるようなところが数多く見られます
以前日本で夜、ちょっと飲みに行ってても、未成年のミナリを連れて行ってない!とちゃんと、堂々とお姉さんの居る飲み屋に行ったことも、ファンへ報告しております。

仲の良い日本の俳優さんたちと交流もしっかりとしていて、変なウワサは、ほぼありません。

しかし、昨年から何かとお騒がせなグループです。マンネは若いアイドルグループの一番かわいい子と結婚するし、そして、、、
残念ながら今回のスマホ内の情報漏洩問題で発覚したフニの飲酒運転もみ消し騒動でリーダーが脱退という状態。

まだ救いなのが、動画を共有したり女の子の斡旋には、フニの名前が出てないので、一連の責任を取って脱退したことはFTのブランド力の低下が、最低限度でとどまったのではないでしょうか。
ほんと韓国は運転マナーが悪いのは皆さん承知でしょうが、今でも飲酒運転や信号無視のタクシーなど、現地に行くとヒヤヒヤすることが多い人も少なくないと思います。

今回の事件は氷山の一角

皆さん概ね把握していると思いますが、まぁYG事務所が組織的に見て見ぬふりをしていたことは明白です。まだまだ大物が出てきそうな感満載でドラマとしてもこれが前半でしょう。後半は怒涛の勢いでストーリーが展開しています。
その間は、特有のいわゆる中だるみ。この中だるみに登場してくる重要人物が、後半を盛り上げてくれることでしょう。

根本的な原因

まず、飲酒運転する時点でアウトです。芸能人ならマネージャーーと一緒に行動するなど、対策はどうでもできると思います。それか、ホンギの専売特許の「社長を呼んでご機嫌にして、ごちそうさまでした」とタクシーで帰ればいいのです。
しかもこの問題には、韓国のタクシー事情も絡んでいます。
日本で言ういわゆる「初乗り距離」「ちょい乗り距離」は、韓国のタクシーは乗せてくれません。
マジで乗せてくれません。プラス〇〇ウォン払うから乗せてくれと交渉しないといけないのが現実です。
日本では考えられないと思いますが、日本も昔は銀座周辺のタクシーはこんな感じでした。

日本も昭和時代はよくあった話ですが、さすがに30年以上も経過すれば飲酒運転はNGと国民全体が知っています。
こうもスキャンダルが続くと、自分が応援しているアーティストは大丈夫なのだろうか?と心配になることと思います。

しかも日本の音楽業界より狭く密集し、さらに上下関係が厳しいので、いろいろと断れないことも出てきたり、面倒なお付き合いも出てきたりと、あるそうです。
特に女性アイドルは本当に守ってくれる事務所でないと、将来が見えてきません。男性アイドルは兵役で一度リセットされるので、女性アイドルほどのふりかかるトラブルは少ないように思えますが、自分からトラブルを引き起こす人も多々見かせますが。。。

でも最後に言っておきたいこと

アーティストが犯罪を犯そうが、作品には傷をつけてほしくないと思っています。
作品(曲)には、いろいろな人・事務所が絡んで制作しています。その人達が頑張って作った名曲を表現者であるアーティストが台無しにしてしまうことが一番悲しいことです。
制作者たちは、1曲ずつ思いを込めて作り込んでいます。それは本当に大変な作業です。何度もレコーディングし、ミックス作業も納得いくまでしていきます。
たとえ売れなくても、世に出ていく大事な作品なんです。それを放送禁止に指定されたり、今回の事件などで揶揄されたり、作品が悪い方へ独り歩きすることが一番悲しいと思います。

ぜひ、作品には文句を言わず、他のアーティストがカバーでリリースした時にでも日の目があたることを願います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

twitter




ページ上部へ戻る