クレヨンポップをもっと知るための10のキーワード(後編)

crayonpop02_03

 

先回はクレヨンポップをもっと知るための10のキーワード前半をお送りした。今回は後半をお送りする。

6、ゲリラライブ

105クレヨンポップを語る上で外せないのがこのキーワード。デビュー曲や後続曲が思うほど売れずに、音楽番組にあまり出演することができなかった時、彼女たちが選んだのは、自分たちから街に出ていくことだった。独特の衣装を着てプラカードとカセットデッキを持って街を練り歩き、ライブパフォーマンスを行なう姿は話題となった。またファンにとってもゲリラライブはクレヨンポップのパフォーマンスを間近で見ることのできる(しかも無料で)うれしい機会だった。こうした涙ぐましい地道な活動によって知名度を上げ、ファンとの距離を縮めていったのである。

7、奇抜な衣装

クレヨンポップといえば、ジャージ。ジャージといえばクレヨンポップである。デビュー当時はどちらかというと普通の衣装だった。ソユルのリュックからはみ出ているぬいぐるみは話題となったが、思ったほど曲は売れなかった。そこで後続曲で彼女たちが選んだ衣装がジャージだった。興味深いのは、この衣装を事務所に着させられているのではなく彼女たちが自分で選んでいることである。彼女たちはどうやったらもっと売れるかを自分たちで意欲的に考えているのだ。なかでも衝撃的だったのが2012年11月10日に音楽中心に出演した時の衣装。

ARVE Error: id and provider shortcodes attributes are mandatory for old shortcodes. It is recommended to switch to new shortcodes that need only url

世間はいわゆるIUの見舞い事件でてんやわんやの大騒ぎだったが、このステージが放送されるや、韓国のポータルサイトでIUやウニョクを抜いてクレヨンポップが検索語1位に躍り出たのだ。それだけ衝撃的だったということだろう。その後の曲でもジャージが基本スタイルとなった。スカートの下にもジャージをはいている。そして「パパパ」ではヘルメットまでかぶる始末。(ヘルメットも自分たちで選んだらしい)韓国のガールズグループがセクシーさや露出を競う中、クレヨンポップはそれとは違う道を歩んでいるのだが、結果的にそれは成功している。今後も彼女たちの衣装から目が離せない。

8、独特の振り付け

106彼女たちの振り付けも独特だ。セクシーな振り付けは皆無といっていい。そのかわりコミカルな親しみ深い振り付けが多い。見ていてとても楽しいのだ。その集大成が「パパパ」の直列5気筒ダンスだろう。サビの部分で交互にジャンプする振り付けは世界中でブームとなっており、次から次へとカバーダンス動画がYouTubeにアップされている。しかも驚くことにこの振り付け、彼女たちが自分たちで完成させたという。すでに彼女たちはクレヨンポップというカラーを自分たちで塗っているのだ。

9、王道のポップミュージック

K-POPの王道 ガールズグループの全盛期の曲といえば、やはりワンダーガールズの「Nobady」や少女時代の「Gee」だろう。クレヨンポップの楽曲の雰囲気は、そういったK-POPの王道の曲に近い。サビは覚えやすく、繰り返しを多用するフックソングである。悪く言えばベタなのだが、それが懐かしく心地いいのである。 衣装やダンスは他のガールズグループとは違う道を行っているクレヨンポップだが、楽曲に関してはあえて王道で行く。これもクレヨンポップが狙っている戦略なのだろう。

10、双子

900クレヨンポップの大きな特徴の一つは、メンバーのうち2人が双子(チョアとウェイ)ということだ。これは韓国のガールズグループで唯一ではないだろうか。実はデビュー前、まだハリケーンポップだったころ、ウェイはメンバーではなかった。しかしメンバーのセランがなにがしかの事情により脱退。その代わりとしてチョアの双子の妹であるウェイがメンバーとなり、そしてクレヨンポップとしてデビューした。 メンバーのうち2人がそっくりだと、見分けが付かなくてなかなか覚えてもらえないというデメリットがあるかもしれない。実際私も最初はなかなか二人の見分けがつかなくて苦労した覚えがある。でも、見分けがつきにくい所をがんばって覚えるのも楽しいものである。双子の見分け方のポイントを探しながら応援している自分に気付いたら、それはクレヨンポップの戦略にまんまと引っ掛かっているのである。

以上クレヨンポップをもっと知るための10のキーワードをご紹介した。ここまでお付き合いくださったあなた、あなたはもう立派なクレポペンだ!9月に出る新曲が1位になることを願って、一緒にジャンピン!YE!ジャンピン!

 

クレヨンポップ日本公式サイト http://crayonpop.co.jp/

【コラム:パト】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

twitter

主の放送コミュ

ページ上部へ戻る