ソルリの件

今回のソルリの件は、本当に残念です。

f(x)はビクの雰囲気が好きで応援していましたが、何時まで経ってもビクは日本で歌わないので諦めました。
ソルリはf(x)デビューから、あどけない容姿と笑顔が魅力的で、POPな衣装がピカイチ似合い、グループ内のマスコット的な欠かせない存在でした。

SMエンターテインメントの大罪

SMエンタはまたしても、どんな素敵な人生になるか楽しみな若い子を見殺しにしました。
今回も絶対に防げた命です。
こんなにも人間を大切にしない事務所だとは、、、もしかしてとは思ったことはありますが、今回で確信しました。

SMエンタはアーティストを物としてしか見ていない。

アンチという犯罪グループ

そしてアンチのファンなどは、自分が言葉の暴力をしていることに気がついていない。

気がついていないのは、結局、幼いころから「他人に迷惑をかけてはいけない」という、人間の基礎的な感情と環境を学習していない人間だと思います。
自分より魅力的で影響力があり、自分より努力していることを理解していない人物が、嫉妬の塊のような言葉の暴力で、アーティストの心の中を食い荒らし、自分は誰かの代弁者などと勘違いしエスカレートしていく。

もう何度同じ現象を見てきたでしょうか。

世の中の変化は正しいのか?

生きる為の希望がない世の中なのでしょうか?
身内や友人に相談もできないような雰囲気なのでしょうか?
誰も危険信号を感じ取れなかったのでしょうか?

危険信号を感じ取ることができないなら、アーティストに一番近いマネージャーは一体何をしていたのか?
韓国だから起こってしまったのか?という疑問もありますが、どこでもあり得るが、「韓国の業界では特別多い」というのが大半の見方。

一枚の写真がどれだけの影響力があるか。
誹謗中傷の一言がどれだけ心に突き刺さるか。

スマホの浸透は、自分を着飾る武器となり、相手を見下す武器にもなり、多くのモラルが崩壊しました。
情報量だけが膨大に増え、事実の量は増えず、むしろ事実(真実)は表面に出せなくなってきました。

「常識」の低下に年齢は関係なく、10代でも高齢でも「常識」の基準が無茶苦茶になってきています。

「困ってる人を助ける」
「他人に迷惑をかけない」

小さい頃、親から習っていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

twitter




ページ上部へ戻る